-豊かな千葉の原風景、谷津田自然を後世に伝えるために!-

はじめに

 谷津田は千葉を代表する自然環境のひとつです。これは2000年の歴史にはぐくまれた米づくりの場であるとともに、世界に誇る豊かな生態系をそなえています。また子供たちへの教育や、水と空気の浄化のためにも谷津田は極めて重要な環境です。さらに稲作農業の原点である谷津田での自然と人々のかかわりは私たちの将来においても学ぶべきものがいっぱいです。

 現在、私たちは約100カ所の谷津田についての記録を収集していますが、このほかにも多くの谷津田が存在します。しかし、残念ながら都市開発や農業の近代化、また、残土・産廃等の投棄、農家の後継者不足等によりその素晴らしさが急速に失われつつあります。

 私たちにはこの豊かな自然の谷津田を守り、さらに後世に伝えていかなければなりません。1999年度に皆様のご協力をいただき、千葉県の谷津田を調査いたしました。今回、再び調査票を皆様に送らせていただき、さらに多くの情報提供を集積し、谷津田の現状についてのデータベース作りをおこないたいと思います。

 そして、その結果を基に私たちの谷津田保全の取り組みをより充実させるとともに、会誌や出版物で公表しながら具体的な谷津田保全の対策を各方面へ提案していきたいと考えます。なにとぞ、皆様のご協力をお願い申し上げます。

2004年8月
ちば・谷津田フォーラム代表
千葉県立中央博物館生態・環境研究部長 中村俊彦

 

 
 

連絡先:ちば・谷津田フォーラム事務局
 〒
260-0013 千葉市中央区中央 3-13-17  NPO法人ちば環境情報センター内
TEL&FAX 043-223-7807  Mail QYK16306@nifty.ne.jp (田中)